介護保険の住宅リフォーム | ふじみ野市U様


いつもお使いの出入口扉の開け閉めの不具合で、ご相談を頂き調査に伺ったところ、
経年劣化による扉の反りとレールの曲りによるものとわかりました。
お話しをしていくうちに、お父様の使い勝手もご不便になってきているということで
扉・レールの交換と合わせ、出入口を出た外部に段差解消のためのスロープと
手摺も設置することに。
お父様が介護認定を受けていることもあり、担当のケアマネージャーと相談の上
介護保険居宅介護住宅改修工事として承ることになりました。

☆着工前写真

着工前
 細かい段差がお父様のつまづきの原因になっていました。
☆完成写真
完成
既存のタイル部分をけずり、モルタル仕上げで平らな部分を広げました。
排水路をステンレスのカバーで、段差を解消。
出入口からは木製のスロープを製作し固定しました。
お父様からも「良くなった~!」のお声をいただき、私たちもうれしい限り。
ありがとうございます、感謝!

☆扉レールの経年劣化現況
HPレール部分現況

☆レール部分交換施工中
レール部分施工中

☆レール部分完成
HPレール部分完成


リフォーム・新築・増改築のお問合せはお電話かLINEにて

TEL:049-261-0600
LINEカンタンお問合せ


※スマートフォンの方は電話番号をタップすると今すぐお問い合わせできます。

2015-12-13 | Posted in リフォーム事例Comments Closed 

関連記事