住宅ローン減税について(一般・認定住宅)

家づくりを検討されているかたは一度は耳にしたことがある「住宅ローン減税」。

今回、消費税率が8%になったことを受けて、住宅ローン減税の最大控除額が大幅に拡充された事をご存知でしょうか。一般住宅は200万円だったものが今回400万円に。認定住宅は300万円から500万円となりました。

※住宅ローン減税とは、年末のローン残高の1%を所得税から10年間控除できる制度です。

 一般住宅認定長期優良住宅
認定低炭素住宅の特例
控除対象
借入金などの額
次の借入金等(償還期間10年以上)の年末残高
(1) 住宅の新築・取得
(2) 住宅の取得とともにする敷地の取得
(3) 一定の増改築等
次の借入金等(償還期間10年以上)の年末残高
(1) 住宅の新築
(2) 新築住宅の取得
(3) 住宅の取得とともにする敷地の取得
対象住宅(床面積の2分の1以上が居住用で、住宅の引渡し又は工
事完了から6ヶ月以内に居住の用に供すること)
(1) 住宅の新築 床面積50㎡以上
(2) 新築住宅の取得 床面積50㎡以上
(3) 既存住宅の取得
①床面積50㎡以上
②築後20年以内(耐火建築物は25年以内)又は地
震に対する安全上必要な構造方法に関する技術
的基準に適合すること
③既存住宅売買瑕疵保険に加入していること
(4) 増改築等
①床面積50㎡以上
②工事費が100万円超
(床面積の2分の1以上が居住用で、住宅の引渡し又は工
事完了から6ヶ月以内に居住の用に供すること)
住宅の新築/新築住宅の取得
  ①認定住宅であること
・ 認定長期優良住宅
・ 認定低炭素住宅
  ②床面積50㎡以上
  ③床面積の2分の1以上が居住用であること
所得要件合計所得金額3000万円以下合計所得金額3000万円以下
適用居住年
控除期間
平成29年12月31日までに居住 10年間平成29年12月31日までに居住 10年間
控除額
借入金等の
年末
合計最大控除:400万円合計最大控除:500万円

 

詳しくは国土交通省 住宅税制ホームページをご覧ください。

リフォーム・新築・増改築のお問合せはお電話かLINEにて

TEL:049-261-0600
LINEカンタンお問合せ


※スマートフォンの方は電話番号をタップすると今すぐお問い合わせできます。

2014-07-14 | Posted in 住宅お役立ち情報Comments Closed 

関連記事