『すまい給付金』はご存知ですか?


上限30万円まで現金給付される制度です

住宅

消費税引き上げ対策として、国が打ち出したのが『すまい給付金』です。

これは収入が一定以下の人を対象に、住宅取得の負担を軽くするための制度で、一定の条件を満たすこと
で最大30万円まで国が現金給付してくれるものです。

収入が510万円以下であれば給付される可能性あり

すまい給付金は、消費税対策の一環となっているため、対象者は低中所得者に限られます。大凡の目安ですが、収入が510万円以下の方は、収入に応じて給付される可能性がありますのでご確認下さい。

  • 収入が425万円以下(都道府県民税が6.89万円以下)→30万円
  • 収入が425万円〜475万円(都道府県民税が6.89〜8.39万円以下)→20万円
  • 収入が475万円〜510万円(都道府県民税が8.39〜9.38万円以下)→10万円

ただし実際には、都道府県民税の所得割額で決定されますので、まずは【課税証明書】を取得してみて下さい。

すまい給付金サイトでシュミレーションもできますのでご確認下さい。

新築と中古住宅が対象

では、具体的にどのような住宅が対象となるのでしょうか。

『住宅瑕疵担保責任保険への加入、建築住宅性能表示を利用する住宅、保険と同等の検査を受けた住宅』であることが必要です。

その他の条件は以下のとおりです。

  • 平成31年6月30日までに入居した人。
  • 住宅の所有者が不動産登記上の保有者であること。
  • 住宅の居住者が、住民票にて取得した住居へ住んでいることが確認できる。
  • 収入が一定以下の者。
  • (住宅ローンを利用しない場合のみ)年齢50歳以上のもの。※一定の条件があります。
  • (中古住宅の場合)売主が宅地建物取引業者であること。

こちらのすまい給付金については、朝日工務店にて申請手続きを行うことが可能です

入居後の申請をお忘れなく。

ご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい。

リフォーム・新築・増改築のお問合せはお電話かLINEにて

TEL:049-261-0600
LINEカンタンお問合せ


※スマートフォンの方は電話番号をタップすると今すぐお問い合わせできます。

2016-09-30 | Posted in 住宅お役立ち情報Comments Closed 

関連記事