本日の現場から~壁紙を貼るための下地調整中!


昭和40年代から昭和50年代に建てた家には、
玄関を入って左右どちらかに「応接間」と呼ばれる客間がある場合が多くみられます。
来客を迎える洋間として、戦後になってから設けられるようになったのですが、
西洋のスタイルが段々と普及して、設える家も増えてきました。
応接間に置いてある家具はソファや飾り棚なども洋風で、
お客様をもてなす飲み物も、日本茶からコーヒーやクッキーなどに変化。
当時、応接間を設けることは新しく、
ハイカラ(流行を追ったり新しがったりすること。)と言われていたんですよ。

こちらのお客様のご自宅も築40年程。
「応接間」を奥様の趣味の部屋として使えるようにリフォームを承っています。
本日は、壁の布クロスからビニールクロスへの貼り替えのための
下地ボード継ぎ目のパテ処理を施工しています。
応接間リフォーム リフォームふじみ野 ふじみ野リフォーム 壁クロス貼り替え 


リフォーム・新築・増改築のお問合せはお電話かLINEにて

TEL:049-261-0600
LINEカンタンお問合せ


※スマートフォンの方は電話番号をタップすると今すぐお問い合わせできます。

朝日工務店の公式SNS

朝日工務店がやっているSNSです。こちらも見てみてくださいね。

FB-f-Logo Instagram Twitter_Logo
2018-12-12 | Posted in ★おとめ座社長の元気一番★Comments Closed 

関連記事